Welcome!

店舗の無い消費者金融が増えてきた理由

6月 8th, 2015

一昔前は消費者金融に借入を申し込むときには店頭窓口で対面をしなくてはなりませんでした。
審査項目には今のように属性スコアリングで返済能力を見るもの、個人信用情報機関で信用力を見るもののほかに、対面で人柄を見るという審査も加えられていたものです。
しかし今の消費者金融は店舗数が少なくなっています。
最大手の消費者金融プロミスでも全国にスタッフがいる有人店舗は18店舗しかありません。
モビットにいたっては店舗が一切ありません。
そこまで店舗数が少なくなっている理由はインターネットです。
消費者金融ではインターネットを使った申し込みや借り入れ、返済まですべてを行えるようになりました。
それが便利であり、来店の必要が亡くなったというのが大きな理由になるでしょう。

消費者金融からの借入金額も相続しなければならない?

5月 8th, 2015

相続といえばプラスの財産ばかりが思い浮かびます。
しかし故人が所有していた財産になりますので消費者金融からの借り入れ、銀行からの借り入れなどマイナスとなる財産もまた相続の対象になります。
よく聞く話としては、遺族が知らない借金というのがあるでしょう。
借金をしているなんて知らなかった、そんな話を耳にすることはあります。
もし、自分が亡くなった後、それも突然の事故や病気などともなれば今ある債務が残された家族の大きな負担になることも充分に考えられます。
相続放棄をすることはできるものの、自分の財産を何一つ受け取ってもらえないばかりかいらないという判断を下されることになってしまいます。
今ある借入金額、返済の計画はどのようになっているのか見直してみましょう。

審査に通らない!過去の消費者金融の使い方にマイナス要素があるかもしれない

4月 8th, 2015

これまで消費者金融、もしくは銀行カードローン、クレジットカード、分割払いや携帯電話契約を行ったことがあるでしょうか。
実は今、審査に通らない理由はそれら過去の債務が足を引っ張っている可能性があります。
消費者金融などの債務を契約するときには申し込みを行い、貸し付け可能か審査が行われています。
その審査項目の一つにあるのが個人信用情報機関への照会です。
個人信用情報機関では過去の債務の契約内容や返済状況などの詳細を一定期間保有しています。
長ければ5年間も保有されている記録になるため、過去の債務に問題があれば信用力に問題ありとして審査には通らない可能性が出てきます。
債務は慎重に行うことが理想です。
これからの債務の審査には影響を出していきます。

低金利のカードローンを比較する

3月 17th, 2015

最近はメガバンクを含め都市銀行や信用金庫でも個人に対する小口金融に積極的に取り組むようになり、多くの銀行カードローンで比較ができるようになっています。
銀行フリーローン低金利ローンは消費者金融のキャッシングと比べて金利が安いことがメリットで、それぞれに独自の銀行で基準を設けているのでがれぞれの銀行で金利設定が違いがありますが、ランキングサイトの情報などを利用すれば、金利の高いところや低いところが一覧表示されるので金利の比較が簡単にできるようになっています。
金利面で比較をするとき、たとえば三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」の金利は下限金利4.6%〜上限金利14.6%となっていますが、お金をどれだけ借りるかで金利が変わってきます。
日常生活で一時的に借りる程度のお金や初回申込時はほとんどの銀行は上限金利が適用され、高額融資になるほど下限金利に近づいていきます。
現在銀行カードローンで最も金利が低いと思われるのが、住信SBIネット銀行の「Mrカードローンプレミアムコース」は下限金利が1.99%〜上限金利7.99%なので、バンクイックの14.6%とMrカードローンプレミアムコースの7.99%を比較することになります。
銀行カードローンをえらぶときは、低金利で利用できるカードローンや無利息期間のあるカードローン、即日融資が可能なカードローンなど、利用者にとって選択肢も増えているので金利面以外でも目的に合わせたカードローンをえらぶことができるようになっています。

モビットの借入は早い!

2月 27th, 2015

最近では、インターネットから申し込みができるということを売りにしているキャッシング会社が多くありますが、実際のところはインターネットのみで申し込みが終わることは少なく、申し込み後に電話がかかってくることや、最終的にキャッシングカードが自宅に郵送で届けられるといったことがほとんどです。
しかし、そんな中でモビットが売りとしているのは「WEB完結申込」です。
モビットのWEB完結申込は、確認の電話も、キャッシングカードの郵送も一切ありません。インターネットで申し込み、契約締結の通知などはメールで届き、お金の借入れはインターネット上で手続きをすることができます。
ですから、手間要らずで、なおかつ周囲の目を気にする必要もないといった利点があります。
もちろん利用後の領収書などといった書類も自宅に郵送されることはなく、インターネット上でダウンロードして確認できるようになっております。
しかも、モビットの借入は「とにかく早い!」んです。
モビットは実店舗をもたないインターネット専業のキャッシング会社なので、その分、WEB対応にとても力を入れているからこその早さと、対応の丁寧さ、それから充実の会員サービスも見逃せません。
ちなみに、契約後の借入ももちろん大変スピーディーな対応です。
平日の午前9時から午後2時50分までに契約、それから融資手続きを完了されますと、最短3分で事前に登録してある銀行口座へ直接振り込みがされますので、あとは最寄りのATMなどでお金を引き出していただければおしまいです。
また、本当にお急ぎの際には、WEB完結申込ではなくなってしまいますが、インターネットから申し込み完了後に、一本モビットコールセンターへ急ぎである旨を伝えると、その場で早急に申し込み情報のチェックと審査をしてもらうことができるようにもなっておりますので、ぜひお試しください。
(2014、11、25 付け情報)